【物語5章】あずきの成長を実感する!●が抜けて音がなる!

前回のあらすじ

======================================
あずきが病院へ行き
予防接種と爪切りをしてきました。

ちょっとずつ成長を
実感できているのですが、

これまた今回あることにより
成長を実感することができました。
======================================

おもちゃが鳴った!

ある日嫁ちゃんが寝室で
スマホをいじっていた日のこと。

 

あずきの方からある音が聞こえてきました。

「ピッピッ!!」

 

なんの音だと思い
あずきの方を見てみると

あずきはお気に入りの
骨のおもちゃを咥えて
自分で鳴らしているではないですか。

ちなみにこのおもちゃですね。

ずっと鳴らすことができなかったのが
こんな感じで鳴らしているではないですか!

 

鳴らしている!!

そうなんですよ。
今までは一切鳴らすことができなかった、

 

このおもちゃをあずきは
初めて鳴らすことができたんです。

こうやって少しずつ
成長していくんだろうなと
しんみり思いましたね。

あずきの歯が!

実はこれだけじゃなくて
そのおもちゃを鳴らした日から
数日が経った頃でした。

 

家でまったりしていると、
なにやら嫁ちゃんが騒いでします。

「あー!!!としくん見て!!」

「どうしたの?」

嫁ちゃんの手には
なにやら白い物体があります。

 

なんとあずき歯が抜けました。

 

だいたい子犬の歯って
生後4〜5ヶ月くらいから生え変わる
ということなので

そういえばそういう時期ですね。

 

そのまま食べちゃう子もいるみたいですが、
あずきは食いしん坊の割に
歯は食べませんでしたね。

 

そこからたまーにあずきの歯を
発見する日々が続きました。

ちなみに28本乳歯があるみたいですが、
見つけられたのは12本でした。

 

抜けない子もいるみたいなのですが、
しっかり全部抜けてくれました。

 

そして実は同じ頃
事件がおきました。

それがあずきお腹ピーピー事件です。

あずきお腹ピーピー事件

子犬のときってお腹が弱いようで
下痢をしちゃうのはしょうがないこと
みたいですよね。

 

でもあずきに関しては
それが原因ではなかったんです。

 

ある日嫁ちゃんが
帰ってくると何だか部屋が臭い。

 

だけどあずきの小屋を見ても
特に何かがあるわけでもない。

嫁ちゃんは不思議に思ったそうです。

「どうしてこんなに臭いんだろう?」

なんて思いつつも
あずきを愛でようと近づいたら・・・

 

「クサっ!!!!!」

あずきは小屋でトイレを失敗し、
そしてその上に寝ていたみたいです。

 

もうね。

ポメラニアンなので、
モップばりに小屋を掃除しましたよ。

まさに捨て身の作業ですねww

 

さすがにこのままじゃいけないと
シャンプーをしてあげたそうです。

 

シャンプー嫌いのあずきです。

しかし負けじと
ここで食いしん坊あずきが
発進しました!

 

「ペロっ」

そこにはシャンプーを舐めるあずきの姿が・・。

「あぁぁーー!」

 

犬用のシャンプーって
一応ちょっと舐めても平気な様に
かなり薄めに作ってあるみたいです。

 

界面活性剤なので、
大量に入らなければ
問題ないということでした。

 

ただ下痢はするかもしれないということ。

「もしかして下痢するかも・・・」

そう思った夜の出来事です。

 

いつもは大人しく寝ているあずきですが、
なにやらカチャカチャと騒々しい。

 

そして臭い。

見てみるとあずきは
下痢をしてしまいました。

 

実はもう3歳のあずきですが、
後にも先にもこれ以外に下痢を
したことはありません。

唯一の下痢です。

 

夜中の2時から
あずきのトイレケースを洗って、
あずきのお尻を拭いて、
水を飲ませて、
様子を見ていました。

 

結局心配で寝れませんでした。

 

次の日は土曜日だったのですが、
僕は仕事だったので嫁ちゃんに
あずきを託し仕事に行きました。

 

あずきは嫁ちゃんに連れられ
2回目の病院へ。

 

実はこの時点で
そこまで下痢はひどくなかったのですが、
念のため病院へ連れて行きました。

 

結果としては
おそらくシャンプーが原因によって
腸内細菌が少なくなっているということ。

 

お腹を整える薬を処方してもらって
終わったそうです。

 

そしてあずきお薬の時間です。

 

どうなったでしょうか?

 

えっと・・・。

あずきよ、
これをお薬とわかっているのかい?

 

おやつをあげている時くらい
喜んであずきは薬を飲みました。

 

1回分を飲み終えたら
「もっとちょうだい!」
くらいの勢いで向かってきます。

下痢をして大変だったが、
これはこれで良かったのだろう。

 

結局次の日には立派は
う●ちをしていたあずきです。

良かった良かった。

 

という感じで、
成長を実感しつつ
初のピーピーをしたあずきの話でした。

 

次の章では
あずきが〇〇期に突入します!
そしてあいつとあずきは対戦しました!

ではでは次の章も楽しんでください。

【物語最終章】ポメラニアンのお猿期突入!可愛い?それともブス?ww

2017.09.06

応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ