【物語4章】あずきが病院へ!予防接種と爪切りをやってきた!

前回のあらすじ

======================================
あずきが家に来て
しつけがひと段落つきました。

ちょこちょこ事件もありましたが、
それもみんないい思い出です。

そんなあずきが今回病院へ・・・
======================================

こちらのトイレシートビリビリ事件から
ちょっと経った頃の話です。

あずきがフローリングを歩くと
こんな音がなることに気づきました。

 

「カチャカチャ」

 

そして滑ります。

あずき選手のスライディングです!

ちなみに嫁ちゃんがご飯を作っていたら、
急にスライディングで
突入してきたみたいです。

 

そしてそのまま微動だにしない。

 

この子は一体何を考えていたんだろう。

 

まぁそれはさておき
少し歩きにくい感じだったので、
爪切りを試してみたんですよね。

これを買って挑戦!

わんちゃんって爪に血管があるんですよね。

切りすぎると血が出るとか・・・。

 

血管切ると痛いのかな?

 

なんて思っていたら
怖くなってしまい爪切りを買ったはいいが
結局やらず終いなんですよね。

 

その結果今ではあずきは爪切りを
嫌がってしまいます。

 

子供の時から足を触られていないと、
できなくなっちゃうみたいですね。

 

なので近くの動物病院で、
定期的に爪切りだけやってもらっています。

 

話を戻しますね。

 

そんな爪をカチャカチャさせていたので、

ちょうど予防接種があったので
病院で一緒にやってもらうことにしました。

 

あずきが僕の家に来てから
初めての外出になります。

 

抱っこして玄関から外に出ます。

あずきは嫁ちゃんの腕の中で
ぷるぷる震えています。

 

やっぱり怖いよね。

 

でもなんかその震えているのが、
ちょっと可愛かったり。

 

ごめんね。
ちゃっちゃと終わらせて
帰ろうね・・・・。

 

って、おい!

車に乗った途端、
リラックスモードに突入して、
すぐそこなのに寝始めました(笑

 

この子は何なのでしょうか?

 

その時の写真を撮り忘れていました。

 

こんな感じでした。

(これは今の写真です)

なんて感じで
車で5分くらいの動物病院に行くのに
寝ていたあずきです。

 

そうして病院へ到着。

 

やっぱり外に出るときは
がっしりしがみついているかなと
思っていたら・・・。

なんか喜んでいる。

 

あずきは人が大好きなんです。

 

だからたくさん人がいる場所に来たのが
嬉しいらしくはしゃいでしました。

 

実はちょっと悲しかったり。

ちなみにホームセンターの中の
動物病院なので、
結構人がいるところを歩きます。

 

そしてそこですれ違う全員に
うちのあずきは愛想を振りまきます。

「かわいい〜♪」

なんて声が聞こえてくると、
親バカの僕はニヤニヤします(笑

 

なんて感じで病院へ。

「すいませーん。
予防接種を受けたいんですけど」

「じゃあこちらの紙に必要事項を
書いてくださいね。」

そんなやり取りをして、
近くの椅子に座ると隣には
人とわんちゃんがいました。

 

人だけではなく
ちゃんとわんちゃんにも挨拶をするあずき。

あなたには人見知りいや
犬見知りというものもないのね。

 

そいていよいよ順番が回ってきて
あずきの名前が呼ばれました。

「あずきさーん。」

診察室へGO!!!

診察台の上に乗せられて
ちょっと不安そうなあずき。

 

そしてその瞬間に先生が
予防接種をするために
注射を「プスッ」・・・・。

さすがに鳴くかなと思ったのですが、
鳴かないんですよ。

あれ?っと思って顔をみたら、
目を大きく開いていました。

 

ごめんよ、あずき。

その表情に僕は
吹き出しそうになったのは内緒です。

 

そうだ。忘れてた。

「先生爪も切ってもらっていいですか?」

「それはできれば先に言って
もらいたかったですね。」

 

実は痛い思いをしたりすると
触られる=痛いことをされる
という認識になるらいので、

痛くないこと→痛いこと

という順でやったほうが
いいということでした。

 

「もし暴れるようなら
次の機会にしましょう」

という言葉を言いつつ、
先生が足を掴む。

 

結果・・・。

うん。
あなたは何も反応しないのね。

 

という感じで無事に
予防接種+爪切りを
終了することができました。

 

今回反省点がたくさんありました。

 

まず病院に連れていくときですね。

最初の外出が病院とかの
わんちゃんにとって
嫌な場所になっちゃうと

外出=嫌なこと
という感じなってしまう様です。

なので散歩は予防接種前にはできませんが、

『抱っこしてちょっとだけ外に連れていく』

ということを
やってあげるといいみたいです。

 

あとは痛いことは最後ですね。

 

わんちゃんの刷り込みって
結構強いので一度嫌だと感じちゃうと
それ以降なかなか治らないみたいです。

あずきは図太いのか
そういうことがなかったのですが、

うちと違ってデリケートなわんちゃんには
しっかり飼い主さんがケアしてあげないと
いけないなと思いました。

 

次の章では
なんとあずきの〇が落ちていました!
そして成長を実感させる出来事が!

そんな日常のあずきの紹介です。

【物語5章】あずきの成長を実感する!●が抜けて音がなる!

2017.09.05

応援してもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ